地域が支える教育〜講演

  • 2014.08.27 Wednesday
  • 23:19
JUGEMテーマ:教育
JUGEMテーマ:生きる力

こんにちは、フリーアナウンサー、きてきて先生プロジェクト代表の香月よう子です。

板橋区教育委員会主催の「地域が支える板橋の教育」というシンポジウムにおいて
基調講演とパネルディスカッションの進行をしました。
(つい最近、アンケートの評判よかったですよ。っていうお話を担当からお聞きして
やっとほっとしてアップ・・・気が小さい・・・)

板橋にはとてもすばらしい教育支援コーディネーターさんがいて、
都のコーディネーター育成企画委員もされています。
国の学校支援本部事業(地域丸ごとで学校を支える仕組みです)
が始まってすぐに導入したのはその方の担当校です。

教育長、教育委員長、職務代理の方だけでなく、管理職の先生方も
たくさん来てくださって本当にみなさん熱心でした。

パネルディスカッションは、小学校の校長先生、副校長先生、そして、
コーディネーターさん、教育委員さんが参加。
それぞれのお立場からお話をいただきました。

もともと学校にさまざまなかかわりを持っている地域をどう支援本部が
コーディネートしていくか、管理職、教員、行政はどうかかわっていくのか、
何が必要なのか、私自身、コーディネーターとしてのあり方について、
非常に迷いがある現在、いろいろな立場からのお話を聞けて勉強になりました。

また、事前の綿密な打ち合わせが大変有意義でした。
何度も都の研修に足を運んでくれていた担当(そういう自治体の職員がいるという
ことが幸せなことです。)、そして、授業や学校、支援本部は何のためにあるの?
という根源的な問いに対して先生の立場から明確に話してくださる
退職校長先生がいらっしゃったからこそ成り立ったものです。

協働とは多様な立場が集まって、1+1=2 ではない力を発揮すること。
ということが改めてわかりました。

なんで区内のコーディネーターが講演や進行をしないのか?
答えは明確。完全なよそ者がやるからこそ(つまり私)区内の方たちに
みえてくるものがあるのだと思う。

あの人、あんなこと言ってるけど、うちの区は違う。

そう思ったら、じゃあ、どう違うのか?どうすればいいのか?
考えられるでしょ???(笑)

終了後は、お世話になったその先生と、先生の弟子たち(?笑い)である
区内の管理職の先生方と打ち上げをいたしました。
なんと、ご登壇いただいた副校長先生は高校のセンパイでした☆☆

聖マリアンナ大学でファシリティドッグの講演会

  • 2013.02.15 Friday
  • 23:43
こんにちは〜 フリーアナウンサー、きてきて先生プロジェクトの香月よう子です。


今日は聖マリアンナ大学に「ファシリティドッグ」の講演会に行ってきました。


ファシリティドッグ・・・今回初めて知りましたが、

病棟勤務のわんこちゃんのことです。


 


日本で推進しているNPOシャインオンキッズのHPによると

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ファシリティドッグは、ストレスを抱えた人々に愛情と安らぎを与えるよう高度に訓練された犬です。
ファシリティドッグの主な仕事は、知らない人に自分の体を触ってもらい、
それを楽しんでもらうことです。特に子どもは動物を抱きしめることが大好きで、
このスキンシップには子ども達のストレスを減らし元気づける効果があることが、
研究により明らかにされています。 ファシリティドッグの大きな特徴は、
病院など毎日同じ施設に勤務し、その施設での個々のニーズに合わせた活動を行えること、時々訪問して触れ合うという短い時間ではなく、多くの時間を同じ犬と繰り返し過ごしていただけることです。 勤務する施設のスタッフとして扱われ、患者との交流などを業務として行います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

だそうです。 日本には2頭しかいません。

静岡と横浜の病院にいます。特別に2頭きてくれるなんて、本当に奇跡!!だそうです。

今日を迎えるにあたって大丈夫かな?参加者いるのかな?と心配していたながえ先生。





こんなにたくさんの参加者が!!


ファシリティドッグは、
大きな音やさまざまな医療機器があっても動じない子が向いているそうです。

大勢のお客さんの前でも壇上に上がってもまったく動じない ベイリーちゃんとヨギちゃん。


 

↑ベイリー寝てます。それぐらい、どーーんと構えてないとこの「お仕事」は
できないそうです。


子供たちはつらい検査や投薬、手術などもベイリーちゃんやヨギちゃんと一緒ならがんばれるんだそうです。

ぜひシャインオンキッズのHPにいって子供と一緒にいる写真をみてください。
FBページもあります。

泣けてきちゃいます。

聖マリアンナ大学も導入に向けてドクターたちがすごくがんばっています。

今回の講演会もたくさんのドクター、医療スタッフさんたちが手弁当で作り上げました。

連れて行った息子ともども懇親会にも参加させていただきました。

そして、今回は、わんこ大好き、わんこのためにマナー教育推進協議会を立ち上げた西出ひろ子先生もかけつけてくれました。





ひろ子先生のブログをみてくださいね☆☆


そして、毎日新聞神奈川版にも掲載されました。


私もできることをやりたいと思います。

高校でキャリア教育のゲスト講師に♪

  • 2012.10.04 Thursday
  • 23:04
 

毎年行っている高校でのキャリア教育講座。

珍しく講師としての参加です。

5年ほど前から通っていますが
(そのころはコーディネーターとして・・・)

なんとスカイツリーの近くの高校で、
だんだんと高くなるスカイツリーを楽しみに通っていたのですが、
今回久しぶりに行ったら・・・・・


 

 

別の町になってました。

人が多い!!

こんなたくさんの人をみたことない!ってぐらいです。

さすがスカイツリーあなどれず。

 

さて、高校ですが、

10人ぐらいの様々な職業の人が来ていまして、
1年生の生徒たちがそれぞれ希望の講師の話を聞くというものです。

 

1年生はつい数日前に学校に泊って非常食を食べるという
お泊り防災合宿をしたところらしいです。

と言ったような近況から、今日の進め方まで先生の説明のあと、
生徒代表がそれぞれ迎えにきて、
教室に案内してくれます。


この案内されるとき、どんな話をしますか??

今回は、このお泊りの話を・・・・。

 

「楽しかった?」

「はい、1年生の宿泊はこれだけなんです。だからとても楽しかったです。」

「でも、先生が見回るんでしょ?」←結構厳しい学校なんですよ。

「はい、ただ、午前2時で見回りがぴったりなくなりました」

「(うける〜先生撃沈か・・・)じゃあ、そこからはもう大盛り上がり?」

「はい」

「好きな子とか言い合ったり・・・」

「・・・・・・はい、そうです。(ちょっと恥ずかしそうに・・・)」

 

いいなああ。これだけで青春だなああ。とおばちゃんは思うよ。

そういえば、数年前は、文化祭の準備をしている様子を見たけど、
これってほんと、二度と戻ってこない青春ですよね。

(青春なんて言葉・・・・でもそれ以外思いつかない)

そんなお泊り合宿などの会話をゆっくりできるのは、
教室が4階にあるから。

当然、階段です!!息切れますから!!!




さて、

授業ですが、私の場合は一方的に話したりしません!
だって飽きちゃうもん。

どうしてアナウンサーになったか、
どういう道筋でアナウンサーになったか。
あたりを話してからは


アナウンス練習と称して、みんなの好きなものを発表してもらいました。

 

ちゃんとキューを出して話すのです。

 

みんなの好きなもの。本当におもしろかった。

上手に構成していた、

スポーツ、コンビニスイーツやグルメ、趣味や歌手、アイドル、テレビ番組など本当にいろいろ。


中には、「将来絶対、放送作家だな」
っていう構成上手で目の付けどころも意外な生徒さんもいました。

好きなものなんてない・・・といってなかなか準備がすすまなかった男の子もちゃんとしゃべれて、
「アドリブも大事」と大いに褒めました。
そう、何も出なくても何か絞り出す。アナウンサーとして必要な資質です。

 

準備をする先生方、本当に大変だったと思うけど、
こういう風に高校生たちと出会わせてくれて感謝感謝。
ありがとうございました。

 

ドリームマップを作成〜秋田稲美さんに会いました♪

  • 2012.09.22 Saturday
  • 23:51
 

ドリームマップをご存じ?

自分の夢やビジョンを見える化するツールです。

おととしだったか、キャリア教育アワードの総合プロデュースをやったとき、ドリームマップの会社の人と知り合ったのが最初。

調べてみるととてもおもしろそう!

番組ゲストに来ていただき、
今年の三月、自分も作成。

 

すると、あれよあれよと思いもよらないことがどんどん起きたので、
半年もたたないうちに再作成にいきました。
(3年後の自分のことを考えるので、早すぎなんですけどね)

 

更に今回は、このドリームマップ考案者である
秋田稲美さん直々の講座。参加意欲ヒートアップ。

 

初めてお会いする秋田稲美さんはとてもステキな女性。

やわらかく、やさしく、芯が強い。

秋田さんいわく

ワークショップは場作りが大事。
場さえ作れば参加者が自ら考えて自らイノベーションを起こしてくれる

という考え方その通りに

場をほぐし、ゴールをしめしたら、そこから先は、
「手取り足とり」はなく、
「教えてあげる」でもなく、
自分で考えて・・・・という方式でした。

これって意外とできないことなんですよ。

 

このドリームマップ作成講座のファシリテーター養成講座があるのですが、
その修了生ばかりの集まりでした。

そんな中にひとり部外者の私。

でも、明るく迎え入れてくれたのは、やはり秋田イズムの浸透なのでしょう。



ドリームマップ作成ファシリテーター「ドリマ先生」のみなさん。素敵♪
真ん中にいらっしゃるのが秋田さん☆

 

お昼は秋田さんの作ったカレー。楽しいです。




このサロン、とても素敵なんです。

最初私は、なんとか学習センター会議室のようなところ・・・
つまりパイプいすと長机で作るものだと想像していましたが、
フローリングぴかぴか、自然光さんさんの気持ちのいいサロン。


ライフシャイニングサロンっていうんですって。

これも、ドリームマップに書いて実現したそうですよ♪

 

半年で2回目の私。

前回なんだかもやもやしていたこともすっかり見えてきて、
とても楽しかったです。

何よりも秋田さんに会えたことがとてもとてもうれしかった。

 

死を考える講演会で生き方を学んだ

  • 2012.09.21 Friday
  • 23:38
 

お世話になっているまーく先生の講演会でした。



まーく先生のブログ さん・だんじめSand&Gemより



今年の4月に脳腫瘍が見つかり、
手術をし、今も腫瘍と闘いながらの講演会です。


 

講演会のことは、いろいろな方が書いてくださっているので、
それをよかったら・・・・。

こちら
こちら 

 

お忙しいお医者様たちが、自分の仕事を片付けに片付けて駆けつけている姿にも
感動しました。

診療でお疲れにも関わらず立ったまま、先生を見つめていたS先生。
間に合わないかもしれないのにダメ元でかけつけたS先生(同じイニシャルだった)・・・・。


そして、腫瘍発覚からずっとまーく先生の後ろでどーーんと構えながらも
細かく気配りをされているこうめい先生。

お医者様だけでなく、各界でご活躍中の方が次から次へと・・・。
あ、見たことあるって人ばかりでした。

 

予想以上にお客さんがやってきて、椅子を新たにどんどん追加しても
立ち見がでるぐらいの人が集まりました。

私のような暇な人はあまりいない、超多忙で飛び回っている方々が集まっているんです。

 

 

なぜこんなに集まったのか??

簡単に言えばまーく先生の人徳なんだと思います。

人徳とは?
いくつかポイントがあるとおもっています。

僭越ながら「私にとって」重要な3つを以下に・・・・。



 
人徳1
つきあいにわけへだてがない。
社会的地位や上下関係にあまりとらわれず、その人自身を評価して受け入れて
付き合ってくださいます。



人徳2
めちゃくちゃお忙しいのにさっと行動。
どんなメールでもすぐに返事をくださるし、
後で考えれば、くだらなかったなと思う内容でも真摯に答えてくださる。
日程調整や面倒なこともすぐになさるし、アンケート類の返事も必ず期限内。


人徳3

つねに学ぼうとなさっている。

自分はこれでいいんだって思っていらっしゃらない。あれほどの人なのに。



 

この3つってものすごく簡単なことのようでなかなかできないんです。

もちろんまーく先生はこのことを「すごいこと」なんて思わずに
ごく自然になさっているんです。



 


まーく先生の講演会のスライドから・・・・。



いつかのまーく先生のブログにありました。

「今日できることは今日やる」

ご両親からも言われていたそうです。

ついつい、「明日でもいいか」ってなりがち。

でも結局、こういう細かいことの積み重ねが、
「人徳」ってことなのではないか?


今日の講演会、案内文はこうでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

55歳、医師、ミュージシャン、ブロガー...
marc の講演会です。

生来健康で超元気。毎日を全速力で走っていた(はず)だった僕は、
ある日突然脳腫瘍(神経膠芽腫)と診断され、
自分の死と直面することになりました。

近い将来の不可避な運命として、自分の死が迫ってきているとしたら、
あなたはどうしますか?どんなことを考え、
何をするでしょう?

僕が今何を感じ、どんなことを考えているかを、
できる限り自分の言葉で皆さんに伝えことが出来れば、と考えてい
ます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




あとからあとから駆け付けるお客さんを見ながら

生き方について考えさせられた講演会でした。

なかの生涯学習大学の講義

  • 2012.06.20 Wednesday
  • 23:55
 なかの生涯学習大学にて講義を担当させていただきました。




テーマは
教育でまちおこしを〜地域教育の担い手に〜


200名ほどのおじいちゃま、おばあちゃま(というには
あまりにも若く見える方々でしたが・・・)の前で
おこがましくも話をさせていただきました。


大変な時代をくぐりぬけ、こんなすごい繁栄を日本に
もたらしてくれた方々。

そのパワーが今なお必要です。

多くの人が子供たちにかかわり、
そして、かかわったひとも元気になり、学びや気付きが得られる社会を!!

心からそう思います。


※終わってから、ステキな感想を寄せてくださり、
さらに、こんなブログを書いてくださった方がいらっしゃいます。
まじめにがんばれば、誰かが励ましてくれるんだなって思った瞬間です。

おいしそうなおうちご飯のブログで、見ているだけでも
お腹がすいてしまします。
よかったらチェックしてくださいね。

http://nakano-koenji.areablog.jp/badlolo 


ありがとうございます。

企業にてコミュニケーション研修〜同級生と再会☆☆

  • 2012.06.20 Wednesday
  • 22:59

なかの生涯学習大学を出て

大手企業へ。

今日は研修2連発。





出前授業を行う社内ボランティアさんを対象に

ここ数年、毎年1回

子供とのコミュニケーション方法をお伝えします。

こちらの会社のプログラムはとてもすばらしいです。


さらに、まず、
NPO法人スクール・アドバイス・ネットワークの
生重幸恵さんより、
なぜ学校に外部人材が必要なのか?という講演があります。

これが本当に本当にすばらしいご講演なのです。
何度聞いても、なるほど♪って思える。
だから私はいつもとても楽しみにしています。

そして、この研修を企画し、誘ってくださったのも
彼女です。

そんなみんなのパワーが集結しています。

ボランティアさんも社会貢献部さんも本当に一生懸命です。




で、更に私がびっくりしたのは、数年前に伺ったときに

中学校の同級生がいた!ということです。

彼は、中学生のときより格段にステキになっていて

多分、充実した人生を送ってるんだろうなって思います。

その彼も、今日再び来てくれて、いろいろサポートしてくれました。

なんていいやつなの!!持つべきものは同級生だな。


終わってからは社会貢献部の方と意見交換兼懇親会!!

部長も加わってくださり、様々なお話ができました。

新しいことも始まるようで・・・・・・。

がんばります!!!


東京都立五日市高校定時制にて、講演

  • 2012.06.06 Wednesday
  • 23:05
 都立五日市高校まで行きました。
定時制課程なので、夕方。。。18時からの授業です。

立川から青梅線で拝島まで

そこから、五日市線で武蔵五日市まで。

東京の広さをなめたらあきまへんで(急に関西人)

気合を入れたら早くつきすぎて、喫茶店で一休みしました。
東京都の容子さんもわざわざ休みを取ってきて下さるって
なんていい人。



こんな昔ながらの喫茶店で癒されたあと、いざ学校へ・・・・


学校の門をくぐると、



玄関の前に、ばっちりサインボードを出してくださっていました。

うれしいやらはずかしいやら☆☆


これから、朗読のボランティアをする生徒たちに、
アナウンサーの仕事やボランティアの話をしてほしい。とのこと。

自分がアナウンサーを志したきっかけや
どうやってレギュラーの仕事がもらえたかとう話をさせていただきました。

それから、お決まりの「早口言葉体験」

ディレクターさん役の生徒さんもお願いして、
「3.2.○・・・・キュー」なんてやってもらって、
とても楽しかったです。

生徒さんたちは、みんな元気でかわいく、一生懸命でした。



↑容子さんが撮ってくれた写真。


終わったあとはなんと給食でした。
定時制課程は希望者には給食が出るのです!!



とてもとてもおいしかったです。
高校の給食初体験は最高でした!!!


担当のT先生がまた最高。
生徒たちにさまざまな体験をしてもらいたくて、いろいろな人を呼んでいるそうです。
こうやって一生懸命やっている学校はさまざまに応援したくなります。


呼んでいただいて本当にありがとうございました。

容子さん、ありがとうございました☆☆

事業構想大学院大学

  • 2012.05.17 Thursday
  • 23:46


表参道にしめ縄が!!

ここに新しく建物をたてるときに
小さな切り株から見事に再生した木なんだそうです。 
たくましい!!


今日は、ここが仕事場。

事業構想大学院大学

宣伝会議が今年から開講した大学です。

社会の第一線でご活躍の方々から更に選抜されて
(結構な倍率だったそうです・・・・)
入学された、


非常に!!!

優秀な方々を前に・・・・・・。


ロジカルプレゼンテーション

について。

担当教授は相原憲一先生。
大手企業にいらして、八面六臂の御活躍ののちに
静岡大学の教授となられた方です。
その華麗なご経歴もさることながら、

人を受け入れる姿勢
学ぶ姿勢
新しいことを取り入る姿勢

に今回非常に感銘をうけました。

出会いに感謝です。


さて、授業の方は、盛り上がりに盛り上がって結局終了が22時・・・ひえええええ。

少しまじめな話をすると
プレゼンテーションの技術向上の最終段階は練習なんです。
本番同様の練習。

当たり前なのですが、人間は本番をやればやるほど技術は向上します。
本番は無理でも、本番さながらに練習するのは大事。
だから、アナウンサーは本番ではなくても、本番と同じような声、トーンで原稿を読んでるし、
歩いていても実況の練習をしたり、口を動かしたりしています。
そして、アナウンサー同士、ディレクターさんなどがいるときは
雑談をしていても、間違っている言葉を直されたり、表現のしかたを
注意されたりします。
常に、常に、言葉に対して敏感になっています☆

一回の講義で、話すことが上手になるわけはないのです。
これから、2年間。終了時に本当に事業構想をプレゼンし、周囲を巻き込むには、
常に練習し、まわりからさまざまなアドバイスをもらう必要があります。

なので、とにかく、回りの仲間からアドバイスをたくさん出してもらおう、
そういう雰囲気を作り、これからも講師がいなくても仲間同士でアドバイスしあうように
していこうと思っていたら、
予想以上に学生さんたちのアドバイスが次から次へと出てきました。

終わってからも、質問や、名刺交換で大変有意義なときを過ごすことができました。





ファイトーーイッパツ!!
今日は、リポDスーパー飲んで元気一杯だったよ!!

みなさま、本当にありがとうございました。


出会いに、深く、感謝感謝感謝☆



3月10日はミルトンの日「ミルトン育児フォーラム2012」

  • 2012.03.10 Saturday
  • 23:40
 

かわいい♪ミルトン坊やです♪

ミルトンさま主催のフォーラムの司会をしてまいりました。

ミルトンは、哺乳瓶の消毒液。

3月10日はミルトンの日なんだそうです。

ほら、だって、3=ミル 10=トン でしょ??

記念日協会にも登録しています♪

そして、震災から明日で1年ということで、今日は安心安全育児についての
フォーラムでした。

被災地でも大活躍したミルトン。
打ちあわせルームで、ミルトンの方から、社員がトラックを運転して
被災地に持っていった。という話を聞いて、泣きそうになった私。

あとで、ご自身も仙台で被災されたママ代表、金城さんからも、
「私、あの話しに感動しました・・・」
と聞きました。



ご出演なさったのは、

仙台在住ノンフィクション漫画家
井上きみどりさま


プレモ、ベビモ編集長の金塚さま
読者代表 金城さま (おじょうちゃまが、ベビモのカバーガールにもなった方。
会場にいらっしゃいましたが、それはそれはかわいいお嬢様でした♪
だっこさせてもらっちゃった♪♪♪)
たまごクラブ編集長 青木さま

のみなさまでした。



いざというときに必要だったものや、さまざまな情報収集のしかたなど、
金城さんは、ご自身の体験に基づいて、
両編集長は、さまざまな読者の声に基づいて、

そして、井上きみどりさんは、ご自身の体験と、さまざまな取材に基づいて
お話しをいただきました。
(井上きみどりさん 「わたしたちの震災物語」絶賛発売中。まぢでおすすめです。)


くわしくは、
多分、来月ぐらいに出る、ベビモや、たまごクラブに載るはずです。
(なんて適当な・・・・・・)

会場には小さなベビーちゃんを連れたママやパパ。
熱心でした。
2ヶ月のベビーちゃんもいたし、8ヶ月でお昼寝の時間。
眠い眠い眠い・・・でも寝られないベビーもいました。
すぎてみればあっという間のあの時間が、今はとても懐かしくうらやましく、
いいなとおもいました。




無理をいって、みんなで記念写真を撮らせていただきました♪



最初の3枚は、プロカメラマン 林久美子ちゃんの作品です。
さすが!!私を2割増しにとってくれます。(横幅じゃない・・・・)

でもって、



差し入れまでいただいちゃいました♪
きれい♪ありがとう。


家族で話し合って、公衆電話の位置も確認し、
避難袋の中身も更新しつつ、
いつどこで災害にあっても大丈夫なように考える!!

小さな子どもがいなくても、とても大事なフォーラムでした。







calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

ツイッター

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM