牧野隆志さん

  • 2014.02.08 Saturday
  • 22:36
JUGEMテーマ:芸能

東京プリンの牧野隆志さんが亡くなりました。

牧野さん・・・というより、まっきん は、
私の東京エフエムでの最初のお仕事
エモーショナルビート「エモマルシェ」で
ご一緒しました。
エモーショナルビートのパーソナリティだったのです。
1998年4月(む、昔すぎ・・・)
ドキドキの初日、まっきんも初日でドキドキだったはずなのに、
すごくゆったりと落ち着いたしゃべりで安心させてくださった覚えがあります。

「エモマルシェ」とはラジオショッピングのコーナーで、初日の商品は!!

忘れもしないワールドカップフランス大会公式記念時計
めちゃくちゃ売れました(笑)

それからご一緒したのは1年半ぐらいかな?

一言でいうと、きさくでやさしいお兄ちゃんのような人でした。
関西弁がとても素敵なんだけど、ときどき「東京弁」になるんです。

「あ、まっきん、東京に魂売ったぁぁ!!」っていうと、
「え?(ちょっとうろたえ・・・)な、なんでやあ・・・売ってへんわああ」と
ものすごくべたべたな関西弁になりました。

楽屋で、まだデビューする前のエイベックスのアーティストさんの
デモテープを聞かせてくれたこともあります。

あれからもう10年以上。
病気を公表されてからもブログで元気な様子を楽しみにしていました。
エモビでご一緒していた方たちと「大丈夫かな?」という話もしていました。
仙台でテレビのお仕事をされているらしく、そこに復帰されるのを
私も、一ファンとして楽しみにしていました。
本当に残念です。

まっきんの大阪時代の事務所のことを私も知っていて、
その話で盛り上がったとき、
「なんやねん。かつき。あいつとつきあってたんか!!」
と、急な切込み。なんかまた会って普通に言ってくれそうなんだけどな。
「かつき、いま誰とつきあってんねん!!」って。

私・・・もう結婚して子供もいるけど。

49歳、早すぎるさよならはとても残念だけど、心からご冥福をお祈りいたします。
ありがとうございました。


 

整理整頓がテーマだったような2013年

  • 2013.12.31 Tuesday
  • 21:39
フリーアナウンサーの香月よう子です。
2013年、大変お世話になりました。

今年もたくさんの方といろいろな出会いがありました。

思い返せば2013年は整理整頓がテーマだったような気がします。

担当番組、ラジオNIKKEIグローバルヘルスカフェで、
5Sカイゼン」をテーマにドクターとトーク。
赴任国では「セイリセイトン」の唄まで作ってくれているそう。

そして、ご縁があり知り合うことができた
永田広美さんのご著書

風水幸運生活は、私のバイブルに。
お部屋を美しく開運に導く方法が書かれています。


永田広美さん、澤木祐子さんとのラジオ


 
そして、エンパシージャパンさんのお仕事で伺った
金沢の専門学校の理事長さんは、
毎朝必ず掃除をし、職員、学生の清掃の時間もあります。

職員の皆さんのお掃除の姿。


 
JUGEMテーマ:日記・一般
実は、お世話になっているクラーク国際記念高等学校も
「整理整頓、清掃」はテーマとなっていて、教室もトイレも
調理室もぴかぴかです。

そんなわけで、私も遅ればせながら、さまざまな整理をしました。
たくさんの有象無象たちをほぼすべて整理。まだまだ残っているところは
ありますが・・・・。

その結果、シンプルにさまざまなものが見えてきました。
大事なものは何なのか?
好きなものは何なのか?
いらないものは何なのか?

来年はシンプルになった目標に向かって進んでいきたいです。


思い返せば、私が新卒で入社した西武百貨店ピサ事業部
大阪ロイヤルホテルのPISA大阪店は、毎朝店舗の清掃から
始まりました。始業時間1時間前に集合で、外商や事務職も
全員店舗に出て掃除でした。
昔から教えていただいていたことが、今やっとわかるという・・・・。
(今はPISA型読解力などに注力しておりますが・・・・・笑)

皆様のおかげでこの一年を無事にそして楽しく過ごすことができました。
本当にありがとうございました。

よいお年を!!!







 

今日から3月 まもなくひな祭り

  • 2013.03.01 Friday
  • 21:21

フリーアナウンサー、きてきて先生プロジェクトの香月よう子です。

今日から3月。間もなくひな祭りですね。

うちには男の子しかいないから、あまり楽しみはないのですが、

私自身は小さいころから大好きでした。

この日は特別な小さなお膳に

お寿司やお吸い物を乗せてくれて、お雛様の前でいただけるのでした。

そして、シーズン初めてのイチゴが食べられるのもこの日でした。


去年、大きな女の子(私のことですが・・・)のために

両親が何十年ぶりに出してくれたお膳。

 

本日、父から、父の姉(今はもう鬼籍に入っている私のおば)のお雛様の写真が

送られてきました。

何の変哲もない、豪華でもないお雛様ですが、

実は、昭和改元の際のもので三人官女の代わりに

巫女がお祝いの舞を奉納しているそうです。(一番前かな?)

※母より・・・巫女ではなく雅楽の舞かも?とのこと。どなたかご存知?

どこぞのバラエティの標的にはしていただきたくない

大切な大切な思いが引き継がれているものです。

女の子の健やかな成長と幸せを願うお祭り。

日頃から「女性が笑っている社会は幸せな社会」だと思っている私。

もう女の子ではないけど私にとっては今でも特別な日です。


 

塚越孝アナウンサーのこと

  • 2012.07.09 Monday
  • 15:48
くるくるダイヤル・ザ・ゴリラという番組をご存知でしょうか?

今から30年近く前にニッポン放送でオンエアされていた
夜のワイド番組。

裏番組は
吉田照美のてるてるワイドだったっけな?
こっちは文化放送。

両方とも私の大好きな番組でした。
てるてるワイドは、番組開始当時、電話募集をかける際、
「電話スタート!!」といってから、電話が鳴るまで1秒ぐらい時間があり、

吉田照美さんは
「この『間』がいやなんだよなあ」と毎回おっしゃってました。
(それから間もなく、ものすごい人気番組になるんだけどね)

当時四谷にあった文化放送に差し入れをしに行って
番組で御礼を言われ、次の日学校で盛り上がったこともあります。
「東京都杉並区のなみアンドよーこさん、ハッピーターン差し入れありがとう!」
みたいなやつ。

そんななか始まった「くるくるダイヤルザゴリラ」はあんまりレーティングはよくなかった
んだろうな・・・。すぐ終わっちゃったから。

でも、私はこの番組のメインパーソナリティが大好きで、
「ファンクラブ作りましょう!」と提案して、それが通ったので、
なんと「ゴリラクラブ、会員ナンバー1」でした・・・・・・・(!)

当時は、局に電話をかけて、「●●アナウンサーお願いします」というと、
社員さんであればお話ができたので、何度か電話もしました・・・・・(!)

なんと無謀にもこのワイド番組の中にあったパンチパンチパンチという
番組のオーディションを受けにいったりもしました。
(当時中学生の私・・・まわりはオトナのオンナのヒトばかりで
死にそうになった・・・・)


てか・・・・相当なラジヲタ・・・・


っていう話を最近、オンエア最中に思い出して、かなりラジオ好きな
ディレクターさんもビミョーにひいていたのですが、

そういえば、「つかたん」(ザゴリラのメインパーソナリティ当時の愛称)どうしてるかな?
と調べると
フジテレビのアナウンサーになられ、かなりご出世の様子。

すごーーーーい。手が届かなーーーい。
でも、ちょっとお会いしてみたい。
今年は何事もチャレンジ。
つかたんにコンタクトとってみようか・・・・

と無謀なことを考えていた矢先・・・・・・・・・。


つかたん

塚越孝アナウンサー自殺

FACEBOOKの投稿で知りました。



おやさしく、でも張りのあるいい声で明るくて、楽しくて、毎日夜
わくわくしながらラジオのダイヤルを合わせていました。
(ダイヤル回すのよ・・・・・。)

私の中ではいい思い出しかありません。
ラジオって楽しい
ラジオってわくわくできる

30年前はそうだった。


ひるがえって、今、私はそれをできているか???
楽しんでもらえているか?
わくわくしてもらえているか??


ゴリラファンクラブ会員ナンバー1として、
もう一度考えなければなりませんね。

ご冥福をお祈りします。

そして、

ありがとうございました。合掌


会社選び、学校選び

  • 2012.04.12 Thursday
  • 08:52

ひとめで新入社員とわかるスーツ姿もこの季節ならでは!ですね。

私も実は、この仕事をする前にちゃんと新卒で新入社員として、
会社に入社しました。

その会社は当時はバブルまっさかりでおしゃれなイメージだったのですが、
残念・・・今は、別の会社の傘下にいます。

はい・・・西〇百貨店です。

入りたかったのに入らなかった会社。
学生の私に、礼を持って対応をし、
内定辞退の際もエールを送ってくれました。(当時内定辞退すると

コーヒーをかけられるとか、怖い伝説が流れていました。)
モスバーガーのモスフードサービス。
今でも大好きです。

イメージとは違ってちょっと裏を見ると分かることもある気がします。。
まあ、あくまでも気だけですが。

学生時代、大型スーパーにキャンペーンに行くアルバイトをしていたのですが、
外部の取引先である私たちに冷たい対応だったスーパーはすべて
今ありません。

まるで仲間のように扱ってくれたイオンは(当時はジャスコ)見てのとおりですね。

スーパーは多くの外部スタッフやパートによって支えられている業態。
外部のスタッフはいろいろなスーパーを出入りするので良い悪いの目利きになるし、
パートはまさに地元の放送局。「あそこはダメよ〜」って言われたらもう終わりです。

結局は外部の方はすべてお客様なので大切に大切にするべきだったのでしょう。

ま、そのほかに、
MCをやっていて、
会場を壊すぐらい飲んで荒れたある団体。
私の一言一句にさえ、上の顔色を見ながらぴりぴりしていたある会社。

数ヵ月後にありえない不祥事で新聞紙上をにぎわせました。
どちらも表向きは、ものすごく優秀、すばらしいといわれているところでした。

そうそう、もっと前になりますが、高校受験の時に学校見学をして、
最もすばらしいと感じた学校。
学校案内を生徒が行い、その対応が完璧だったのです。

当時は、すべり止めの学校といわれていて、
行く前はすばらしい学校なんて思っていなかったのですが、やはりイメージと
実際見るのは違いました。
今や、押しも押されぬ名門校となっています。
今思えば、学校案内をする生徒への指導のすばらしさが、
学校全体にいきわたったのでしょうね。



会社選びも学校選びも

イメージではなく、実際に触れてみて感じることを大事に。

仕事もそういう風にやりたいですね。




今日は不思議でスペシャルな1日

  • 2012.01.21 Saturday
  • 19:01
 フェースブックをはじめてから、毎日のように
「今日は、〇〇さんの誕生日です!」と
メッセージがでます。

本当に便利♪

うちのおばはバースデーブックを持っていて、
それぞれの誕生日やアニバーサリーには必ずカードが届きます。

もちろん、わたしにはそんなこと無理・・・・。

でも、覚えている誕生日も結構ありますよ。
ふつう、どれぐらい誕生日覚えているものでしょうか?

家族や親兄弟はもちろん・・・・。あの人やあの人やあの人。
結構その日になると、「ああ、今日は、そういえば・・・・」って思い出すことって
ありません?

え?ない?
ま、うちの夫は、ほとんどの人の誕生日を覚えていません。
そういう人もいるんですよね。

で、今日なんですが、
今日は不思議な日。

先ほどのおばをはじめ、私の知り合い何人かの誕生日なのです。
それも、かなり、私の悩みをいつも聞いてくれる人ばかりです。

おばは、私のことを本当にかわいがってくれて、いつもいつも
気にかけてくれています。

そして、それ以外の方も・・・・・・。

今もお付き合いさせていただいている方もいれば、会っていない方もいます。

本当に、毎日のように呼び出しては、仕事の愚痴や文句や
そして、自分の方向性やらいろいろなことを相談した方もいました。

なので、今日、この日は少し厳粛になります。
私を導いてくれている方々の誕生日。
そして、まだ見ぬ1月21日生まれ・・・・がいらっしゃるのかもしれない。

毎年そんなことを思いながら(たしか、数年前も同じようなこと
書いてるかもしれないのですが)
この日を過ごしています♪

すべての今日生まれの皆様おめでとうございます。

そして、まもなく私の愚痴を聞く係りになるのかもしれません♪よろぴくね♪

もんたよしのりさんのコンサート

  • 2011.10.19 Wednesday
  • 23:18
 20111023_160413.jpg
楽屋弁。
うまい♪

いきなり余談から・・・・・。
私、お弁当苦手なんですよお。正直、おいしくないこと多くないですか?←失礼。

でも、今日のはおいしかった♪



さてと。。。
今日は、もんたよしのりさんのコンサートでした。

毎年呼んでくださったいる、こーじ社長のお仕事。
社長は、二児の父となり、その童顔っぷりも少しおさまってきて(?)
でも相変わらずイケメン、シゴトができる!!かっこいい男性です。

進行のよっしーーも、近来まれにみる、「正しい進行」さん。
多分普段はプロデューサーとか、そういう位置にいる方なのでしょう。

さてと、
もんたよしのりさんですが、
そでで聞いていて思いました。

いつも、大人の素敵さを教えてくれていた人。です。
フルコーラス歌える(子どもの記憶ってすごい)ダンシングオールナイトを聞きながら
思いました。
「この店で最後の夜を〜♪」
あのころは、その情景の想像すらできなかったけど、
でも、なんか素敵だった。

今日はやらなかったけど、
夏女ソニア
も、「大人!!」って曲ですよね。

「ずっと長いこと音楽やってきてるけど、
やっててよかったってますます思うわ〜」
と関西弁でMCをすると、すぐに会場は一つになり、
いい感じの熱気に。

音楽ってすごいなああ。
素敵だな。

大学時代、音楽研究会(うちの大学の体育会と同じような音楽の団体)
のMCをやるたびに、また、先輩のMCを見るために会場にいくたびに、
いつも思う気持ち。

音楽ってすごいなあ。
負けたわ・・・・・・。

っていう気持ちを思い出しました。

勝った負けたじゃないけどね。

いつも、いつも、音楽のシゴトでは

「負けたわ〜」って思うんだよな。

これが・・・・・。

敗北感のような悲壮なもんじゃなくて、
「やられた」って感じなのかな?

ま、結局私の場所はここなのです↓

20111023_160711.jpg

軍手・・・はNGワード????

  • 2011.09.28 Wednesday
  • 10:17
 日曜日にトークショウを行いました。

トークショウのお相手、東京ソワールの伊藤さんが、
放送禁止用語言ったらどうしよう!なんて心配をしていました。

意外とね・・・・心配なんですよね。こういうの。
ま、この言葉がNGというよりは、聞き手を不快にさせない、
傷つけない言葉っていうことはいつも考えています。
(考えているつもりです。)


で、先日、あるところでの打ちあわせの雑談で、
文書のチェックがとても厳しい機関の話になりました。


私も結構経験があります。

例えば、
「こども」という言葉をどう表記するか?

子ども
子供
こども

それぞれ、決まりがあります。

また、ずいぶん前に、東京都の区部の仕事で
「市区町村」と表現したら
「区市町村」と直されたこともあります。
たしかにそうだよな。
慶応大学の人は、「早慶戦」じゃなくて「慶早戦」っていうらしい???

で、

その打ちあわせの相手の方が言ってたのは

「『持ち物 軍手』と書いたら、『軍手』は戦争を想起させるものなので
NGといわれました」

とのこと。


え?軍手って???

戻って調べてみると、
たしかに日本軍が使っていたのだそうだ。
鉄砲を素手で触るとさびてしまうので、てぶくろをはめたのが
元だとwikiにも出てました。

いまや軍用とは誰もイメージしない(工事現場のおっちゃんが使うか、
芋掘りで使うか・・・てとこでしょうか?)言葉をちゃんとチェックできる
能力ってすごい。

ただ、やはり何気なく出した言葉だけど、
聞く方はさまざまなイメージで受け取るんだなっていうことが
改めてわかりました。

あ、ちなみに、
軍手って言葉がNGだとしたら、
なんて言うか????


作業用てぶくろ

だそうです。

なるほど。

私は闘っているか?

  • 2011.09.03 Saturday
  • 23:46
 

衝撃を受けました。


大宅壮一ノンフィクション賞をとったヤノマミの作者、国分拓さんの話しを聞きました。

(ある講座を受けていて、間違ってとなりの会場に入ってしまっていたのです。)


でも、聞けてよかった。

何かの力が働いてくれたのでしょう。

 

編集ということ、伝えるということの本質を聞いた気がします。

国分さんは、NHKのドキュメンタリー制作のディレクターです。

なので、テレビ制作の話しがとても興味深かったです。

 


今私は、学校の授業プログラムにしても、様々なプロジェクトにしても、
ゴールを見据えてゴールを考えて仕事をします。

限られた時間内で誰に何を伝えたいかを考えます。

 

ドキュメンタリー制作の仕事はゴールをどう設定しているのでしょう。

事実をありのままに見せて、感じてもらいたいとしたら、
事実をありのままに見せるというのはどういうことなのでしょうか?

国分さんがヤノマミと暮らしたのは150日。そこでの生活を1時間の番組に編集するとしたら
編集する人の意図が入るはず。

 

国分さんは、自分が意図しない編集を入れたバージョンを「敗北」と言いました。

その表現は、国分さんのはるかしたのほうにいる私にもよくわかるものでした。



意図された笑い、意図された涙

わかりやすい感動。 
簡単に設定されるゴール。
                                                                   

そういったものをすべて排除して、覚悟と信念をもって
外圧と妥協のセットから戦いながら仕事をしている人

 

そして、自分に問いかけます。

私は、そういう仕事をしているか?

「敗北」すらしていない仕事しかしていないのではないか?

 

工作と銀行〜えーと普通の工作です。

  • 2011.07.20 Wednesday
  • 23:52
 

息子工作中。



ロケットができるらしく、意外とこれが楽しい。

ハサミで切ったり、のりで貼ったり。

私もはまっちゃいます。

 

そういえば同じような作業をしている人をこの前見たな〜。

どこ出だと思います???


じ、実は・・・・・

銀行の窓口。

 

通帳がいっぱいになり、新しくするしてもらいました。

古い未記帳分をプリントアウトして通帳に貼り付けるという作業なのですが、
これがものすごくアナログ。


紙を通帳の大きさに合わせてきれいに切って、

通帳に重ね、プリントし、

それをのりで旧通帳に貼るという・・・・・・・・。

これを窓口のお姉さんが美しい指できびきびやってくれるのです。
途中、あちこちに押すはんこを小さなはんこ入れから探し、日付を確認してはんこを押し・・・・。

昭和の事務員さんのような仕事が目の前で繰り広げられていました。



そのあと、金利の話しや、どういう定期にするといいかというご案内まであり、
必要とするスキルの幅の広さにびっくり!

 

帰り際、思わず

「すごいですね。最先端の機械(だって指紋認証まであるんだから)に囲まれながら、
ハサミやのりがでてくるんですね」というと

はにかみながら、「そうなんですよ。紙工作でしょ??」と笑っていました。

でも、お姉さんの紙工作姿に萌えてしまうのは私だけ??


指先の作業って、なんだかいいですね♪

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

ツイッター

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM