桑田靖子LIVE TOUR2015〜わたしの歩むみち〜@東京

  • 2015.06.02 Tuesday
  • 23:37
JUGEMテーマ:LIVE

アイドルだった桑田靖子さんと出会ったのは数年前。

当時担当していたラジオ番組に来ていただいたときでした。

ゲストさんの曲が流れているときは通常はしゃべっていることが多いのですが、
なぜかそのときは、曲の間ずーーーっとヘッドフォーンから聞こえてくる
靖子さんの歌に集中してしまいました。
(ユーストで見ていた人たちは「固まったかと思った」って言われたぐらい。)

桑田靖子
1983年 脱プラトニックでデビュー
アイドルとして活躍し
2013年 デビュー30周年を迎え、その頃にラジオに来ていただいたのですが、
その前に実は歌えなかった結構長い時間があるのです。

なんていうか、そのときはそういうこともすべてつまった歌声でした。

そして、今回。
ニューアルバム「わたしの歩むみち」を5月27日にリリースし、ツアーをスタートさせました。



ライブの模様は桑田靖子さんのブログを見て。
スタレビのVOHさんのコーラス付きで「今夜だけきっと」「木蓮の涙」萌えすぎました。


急に話が変わるようだけど・・・

人には言えないとんでもない傷とか大変なものをどう整理するのか?

ある女性は、たぶんきれいに整理整頓して小さな箱にしまって心のどこかに
しまっているんだろうなって感じでした。
またある女性は、ざーーーーっと集めてちょっと大きめの袋に入れて
ぼーんと心のどこかにおいてるんだろうなって感じの人もいました。

で、話は桑田靖子に戻るけど、
まあそんな整理するものがあるのかどうかは本人のみぞ知る・・なので、
私の勝手な推測ですが・・・・・・。

2年前はまだ「これどーしよーー」って思っていたものを
「こういうものもあるんですよお。はははは・・・・」って片づけず
整理せずしまわず、そういったものたちも含めて表現に変えていく
道を選んだように思いました。

今までの道も全部ちゃんと認めて、これからの道にもわくわくしている。
そんな感じでした。

MCで
「曲も作ってみたら?ってボスに言われて・・・・」
といっていた、そのボス。ギターの古川ヒロシ♪


さりげなく的確なアドバイス。

たぶん・・・曲を作りながら、今の桑田靖子になっていったんだね。

めっちゃくちゃ輝いていた。何よりも楽しそうだった。
「楽しい。思い出すファーストコンサート」曲の間でつぶやいた一言。
どんなこと思い出していたんだろう???


桑田靖子LIVE Tour わたしの歩むみち
6月11日 大阪 
6月12日 福岡 
6月13日 唐津 
6月14日 名古屋
詳しくはこちら


アンコールでステージ上がにぎやかに。
JUSTを作曲した伊藤銀次さん、
シークレットゲスト、スターダストレビューの林 VOH 紀勝さん、
同期の松本明子さん。
じ、実は、私の席の右隣が伊藤さん、左隣が松本明子さんでした。


VOHさんのコーラスがステキすぎて泣きそうでした。

弟がキャスターに。NHK BS「キャッチ!世界の視点」

  • 2015.04.02 Thursday
  • 23:38
JUGEMテーマ:NHK


フリーアナウンサーの香月よう子です。

ちょっと宣伝。

4月から弟がNHK BSのキャスターになっています。

キャッチ! 世界の視点」という番組です。


じ、実は、ここだけの話、我が家BSを契約していないのです。

私はリビングでテレビを見ず、夫は夜、民放を見るだけ。
ほんとは仕事部屋に欲しいBS。

というわけで、どういうことになっているかはわかりませんが、
見られる方はぜひ見てください。

まあ、すでに親戚一同、隣近所も含めてお祭り騒ぎになっております。




弟とは年が近いので、小さいときは双子のように育っているのですが、

大学は弟は京都、私は東京で離れ・・・

社会人になって私が大阪で就職しても、京都で会うことはほとんどなく、

そのあと弟が社会人になり、福島や岡山やらに赴任し、
さらにヨーロッパにずっといたので、ここ20年間は、年に1度会うか会わないかです。

 
私には妹もいますが、妹にいたっては6年離れているので、一緒に学校には行っていないうえに、
小さいころから土日は乗馬に行っていたので、近県に住んでいますが、やはり年に数回会うだけです。



今回も弟が帰ってくるのはさすがに知っていましたが、具体的な日程を把握していなく、


「物干しざお欲しいんだけど、どこで買えばいいかな?」というメッセージをもらって
はじめて、「あ、帰ってるんだ」と思ったぐらい。
母亡き今、本来、単身で戻ってくる弟に、いろいろ面倒を見なきゃいけないんだろうけど、


なんでしょうね・・・・。
お互い、べたべたした関係が苦手なんですよね。
弟自体も「いま、帰ったけど、どーしてこーして」って話は一切なく・・ですから。

いつもいつも一緒にいる兄弟も仲良しでいいけど、私はこういう兄弟関係大好きです。
(ま、ヒエラルキーは整っているので・・・ふふふふ・・・私の結婚式で弟に言われました。
「姉の命令一下、物事がすべて決まる」と・・・。いやそんなわけないが・・・そうかな・・・)

吾妻珠美さんの個展へ

  • 2014.07.03 Thursday
  • 23:30
JUGEMテーマ:陶芸

こんにちは、フリーアナウンサーの香月よう子です。

尊敬する社会派レシピスト サカイ優佳子さんのおうちにもその作品があり、サカイさんのおすすめの
陶芸家である我妻珠美さんの個展へふらーーーっと寄ってきました。



美しい土鍋が並んでいるこの個展は、我妻さんが、自らの土鍋を持ってイタリアに行き、
お料理をしたり、してもらったりしたそんなステキな思い出とともに開かれたものです。


会場には、新作の土鍋とともに、イタリアでの様子も映写されていました。
我妻さんは陶芸家になろうと思ったとき、国内ではなくイタリアに修行に
行ったんだそうです。(これは、超異例のキャリアなんだって)
帰国後、自身で工房を開き、その成果を持ってイタリアの師匠に会いにいき、
ついでにイタリアを旅して土鍋料理セッションとあいなったわけです。

この土鍋に、パスタが入っていたり、煮込みが入ったり、ワインやオリーブオイルと
一緒に並べられている写真を見ると、「土鍋」が「la donabeno」(?)となりながらも、
ちゃんと「日本」でいてくれていて、「自由に世界を飛び回りながら日本人としての
アイデンティティを大事にしている」理想の国際人(言葉が古い)を彷彿とさせてしまいました。
(当たり前のことですが、我妻さんがそういう人、芯が通っていてぶれないのに、しなやか)


私の一番のお気に入り フィレンツェみたいな色、パウルクレーみたいなデザイン
使うほどに好きになっていきそう・・・



サカイ優佳子さんのブログ 我妻珠美さんの器でたれバー
我妻珠美さんのブログ

ラジオNIKKEI グローバルヘルスカフェ 第3回

  • 2013.04.23 Tuesday
  • 23:16

こんにちは。

フリーアナウンサー・きてきて先生プロジェクトの香月よう子です。

 

私が「ヨーコ」役で出演している

ラジオNIKKEIグローバルヘルスカフェ

その第3回目のオンエアです。

 

このラジオ番組は、国際医療協力を行っている医師たちから

お話を伺うというものですが、

ただのラジオ番組じゃないんです。

 

グローバルヘルスカフェというなぞのカフェのマスターとその客。

このカフェの客の役が私で、マスターが毎回、

「そのことについては、あのお客さんに聞いてごらん」

とカフェに来るお客さんを紹介してくれるのです。

 

今回のお話は

産婦人科医の藤田則子さん。

国づくりは人づくりがテーマです。

藤田医師は池上彰さんの「世界を救う7人の日本人」にも登場。

紛争直後のアフガニスタンでは仕事以外は一歩も外に出られないという環境で仕事をしてきました。

この病気は定期的に薬を投与すればいいと思っていたら、その定期的に薬を投与することがどれだけ難しいか・・・医師が院内にいない、そもそも薬がない・・など問題山積み。

 

そういえば、マスターが打ち合わせの時に言ってたな。

「だいたい、『メス!』 っていってもメスなんてどこにあるのか?という状態なんだよ」

って。(マスターは外科医・・・あ、ばらしていいのか???)

 

ラジオNIKKEIグローバルヘルスカフェ

オンデマンドで聞けます。


FBページはこちら


番組ページはこちら


明石マスターの番外編はこちら


番組内ではゲスト医師やマスターが国際医療協力に出かけた地域での

おいしいコーヒーのお話もあります。

こちらもお楽しみに♪♪今回はなんと・・・・

ものすごく高級でレアなコーヒーが登場しています。


アフガニスタンの女性の衣装を身に着ける

藤田医師(左)明石マスター(右)

浦和常盤ザレジデンス

  • 2013.02.28 Thursday
  • 23:39
こんにちは。フリーアナウンサー、きてきて先生プロジェクトの香月よう子です。

 

今日はモデルルームで記者発表会のお仕事でした。

オープンしたばっかりのきれいなモデルルームに記者さんたちいっぱい☆


浦和常盤ザレジンデンスのマンションギャラリーです。

 

まわりの住民とのコミュニティも大事にするというマンションコンセプトが素敵です。

既存樹にプラスされた敷地内の桜並木はお花見が楽しいでしょう。

そういえば、我が家の近くの大きな高齢者施設も花火大会の日は屋上を開放していて

地域の人たちが集まってきます。

酒屋さんの出張販売もあって、本当に楽しいの。

地域の人が集える場所になったら楽しいですね。




浦和常盤ザレジデンスは、

街の名前を聞くと、ステータスを感じられる場所にあります。

その街の名前は「常盤」古くからのお屋敷街なんだそうです。

特徴はなんといっても「文教地区」

埼玉大学、埼玉大学付属幼稚園、小学校、県立浦和高校、浦和一女、市立浦和

日本全国にその名をとどろかせる学校が近くにそろっているところは、

住んでいる人たちも教養のある(いわゆる成金でもない)

きちんとした丁寧な生活を送っている人たち。

こういうところで安心して知的好奇心の高い子供を育てることができるというのは本当に本当に大切!

 

そして、第二には古い街並みと新しいものが融合できているところ。

浦和駅開業130周年という古くから開けていたこの土地は、

古い街並みを残しながらおしゃれなカフェやレストランもそろっているというところ。

完全に新しく人工的に整備されてしまった街並みの死に方といったら半端ないんです。

彫刻や美術品に囲まれた北浦和公園、北欧を感じさせる別所沼公園への散策の途中に、

古い喫茶店やおいしいおそばやさん、名物のうなぎやさんに寄ったり、

おしゃれなイタリアン、おいしいケーキ屋さんなどをのぞいてみるのも楽しい。

人の息遣いが感じられる町というのは、単にきれいに整備されている町より大事。

みんなでつくる浦和トキワ8情報局@浦和常盤

っていうFBページまであります。要チェキラ♪

 

そして、なんと3月15日から湘南新宿ライン、浦和駅停車!!

高崎線、宇都宮線、東京駅まで来年延伸決定!都心へのアクセスが超便利!

 

免震がしっかりしていて、(現地見学会で基礎を見せていただきました。)
落ち着いて安心して住めるこのマンション。

すぐ売れちゃいそうだなあ。

 

マグダラなマリア

  • 2012.11.21 Wednesday
  • 23:25
 お誘いいただきまして、マグダラなマリア〜ワインとタンゴと男と女とワイン〜
と言う舞台を観にいきました。

マリア・マグダレーナなる人物の「来日公演」と銘打ってあります。

なんと、このミュージカル、シリーズ第五弾なんだそうです。
累計動員70000人!!すごい!!

原作・脚本・演出・音楽が湯澤幸一郎さんという男性。
ご本人も歌手で、カウンターテナーを担当、
あのティム・バートンにも絶賛された歌声なんだそうです。


歌手で女優で高級娼婦のマリア・マグダレーナ、一行とともに
アルゼンチン公演にやってくる。
そこで巻き込まれる事件・・・
芝居・歌・トーク、そして、サスペンス。

耽美な舞台衣装とセットにも目を奪われるけど、
なんといっても歌のすばらしさ。
キャストは全員男性なんだけど、ニューハーフショウを見ている感じではなく、
かといって、完全な正統派のお芝居でもなく、なんというかもう

湯澤ワールド

としかいいようがありません。

本当に楽しかった。
東京はサンシャイン劇場で30日まで
関西は新神戸オリエンタル劇場で12/7-9
要チェック!!



成田ソラあんぱん

  • 2012.06.05 Tuesday
  • 23:01

キーパーソン地域活性会議という経済産業省の会議。

様々な立場の人が地域を盛り上げるために実践的な事例を紹介しています。

終了後、地下の食堂で懇親会がありました。
もちろん、それぞれの地域の方の産品の試食もあります。




これは、熊本の馬肉!!
生でいただきます。



馬から作った化粧品も。




宮崎のお酒



十日町、妻有ベーコン。
口に入れると脂がとろけます。なまでいただけるベーコン。

そのほかにもお腹がいっぱいになるくらいおいしい産品が
所狭しと並べられているのですが、

おどろきはこれ。




成田ソラあんぱん!!

機内食としても採用されたというこのあんぱんは4種類あります。
詳しくはこちら


なかでも私のおすすめはこの鉄砲漬けあんぱん。
地元の名物鉄砲漬けとあんぱんとの組み合わせは

「ばつゲーム???」と思いましたが、

食べてみると


おいしいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!

鉄砲漬けの塩加減があんぱんと絶妙なマッチ!!


ひとつぺろりと食べてしまううまさ。

超おすすめです。

永久保存版 新幹線いろえんぴつ

  • 2012.04.13 Friday
  • 23:52
じゃーーーーーん!!!!





「新幹線いろえんぴつーーーーーー」


ある方からいただきました。

JR西日本のポイントをためるともらえるんだって。

どんだけ、乗ってるんだ???
ええ、ものすごく出張の多いかたです。
使っているのは新幹線だけじゃありません。
(週1回しかない船とか・・・・・)


中身・・・・・・





いろんな新幹線が、いろえんぴつになっています。
東北、東海道、山陽、九州新幹線が15本 すごい!!

ドクターイエローもあるよ!!

うれしくて一本一本写真をとった息子  ↓



2001年9月って何?と思ったら運転開始日でした。ふたの裏側に一覧で出ています。


うれしすぎる・・・・・ぜったい削れない・・・使えない・・・永久保存版です。


ありがとうございました☆

小原宏貴展・・・やばいです!!やばいって・・・・・

  • 2012.04.04 Wednesday
  • 23:21
 ご縁があっていってまいりました。

小原宏貴展  

いけばなの小原流の家元です。

家元っていうと・・・・・かなりのおじいちゃまをご想像なさるとおもいますが、


24歳ですから!!!


1988年生まれですから!!!!



のんきな私は、区民芸術祭などのいけばなを想像しておりましたところ・・・・・


もーーーーーーー本当にすごかった。




ヒトデとコラボってあり????



エネルギッシュ

パワフル

なんですか?この果物!今まで味わったことがない!っていうふうに熟する
寸前の緑の果実。
みたこともないようなゴージャスでりんとしていて、すっくとした
きれいな木になっています。
楽しみ〜



という感じでしょうか?



まあ、書いてみて完全におばちゃん目線ですな。


でも、そういう方々(つまり私より年上のおばちゃまたち)が

山ほどいらっしゃいました!!会場はすごい熱気でした。

高島屋のステキなエレベーターが満員でした。

展覧会評は専門家の方におまかせします・・・・・。


実は私のお目当ては松岡正剛さんとのトークショウでした。
松岡さんは、数年前にインタビューをさせていただき、
そのご著書に深く傾倒したので、お話しを聞きたいなと。


気軽に出掛けましたが・・・・・

いけばなの展覧会を甘く見ていました。


近寄れませんから・・・・・・




↑ 下の黒い部分、全部人・・・・・。すごい。

松岡さんは、日本のいけばな、そして、海外から見た日本文化、
いけばなや日本文化の今後について
本当に、なるほどと思えるお話しをしておられました。

私の仕事、コミュニケーション、言語表現についてもヒントをいただきました。


そして、

家元!!


ちょっと関西弁。

イケメン・・・・そして、アーティスティックな狂気をはらんだ目。
うーーーーん。今後が楽しみ。
(何度も言うけど、おばちゃん目線すぎ・・・・・)

でも、花を活けるのがものすごく好きで、生きている花を見れば見るほど
死生観を感じてしまうのだそうです。
たしかに、展覧会すべてが、死に向かっている静かな霊的なものを
感じます。そこがまた、逆説的なんですが、
「この人30代、40代になったらどんな作品を作るんだろう?」
っていうワクワクにつながるのでした。


そして何よりも、この文化をもっともっと広めたい。
日本にも外国にもという熱い思いも伝わってきました。
(これは、アーティストとしてではなく、伝統文化を受け継ぐものとして、
という側面ですね。)



世の中の女性のみなさま☆

追いかけて楽しいのは韓流だけじゃありません。
韓流も楽しいけど、

もしかしたら、日本の伝統芸能の「若」たちは
もっと楽しいかもしれません。



今回私もたまたま行ってみただけでしたが、すばらしい。

少しまじめな話をすると、こういう若い人、若い男性が、
日本の伝統文化を受け継いでがんばっているというのは、
若い世代へのモデルともなるとおもいます。

息子には、大人になったとき、外国の人にも日本文化のよさを
語れるようになってもらいたいと思っています。

昨年は、まさに「小原流」のいけばな教室に通わせてもらえたり
していましたが、若い男性のロールモデルはもちろんそこには
いませんでした。

家元  小学校にきていただけないかしら?

子供たちが、日本の伝統文化について考えるとき、
その担い手というか、モデルが、若い人だと
ものすごく入りやすいだろうな・・と思います。


小原流の方、いけばな、華道、茶道、書道関係者の方、
どうぞご検討を!!!



小原宏貴オフィシャルブログ

http://ameblo.jp/hiroki-ohara/


※最初の写真にやられます・・・・ぜひチェックを






国東半島が熱い!!〜大分まなびフェスタ

  • 2012.02.18 Saturday
  • 23:15
 

国東半島って知ってますか?

まず、何て読むか???


シンポジウムが終わって、会場であるニューライフプラザいっぱいに
展開されている展示コーナーや体験コーナーをまわっていたら
いろいろな方にお声をかけていただきました。
大分の方はみなさん、とても気さくで気持ちがいいです。

国東半島の方がたくさんいらっしゃいました。

なぜか熱い人がおおかったです。

「くにさきはんとう」と読みます。大分でも東の方に位置します。




 

見るとわかるのですが・・・・


鉄道通ってません。昭和36年の洪水で流されてしまったのです。

 

なので!!!

たぶん、三丁目の夕日のように、昭和が残っています。

グリーンツーリズムやってます。

海も山もある。潮干狩りとトレッキングがいっぺんにできます。

そして、鉄道ないけど・・・・大分空港からすぐ!!

便利すぎです。

つまり。羽田から2時間もあれば、普通に国東についてるってことです。

なに〜????館山より近いかも・・・・・・。

NPO法人大分県グリーンツーリズム研究会



でもってグリーンツーリズムだけじゃないです。

たたみが有名なんです。
七島い(しっとういって読みます。最初私は「執刀医」かと思いましたよ。
ちなみに七島はトカラ列島のことだそうです。「い」はいぐさの「い」です。)
を使った、イグサ編み体験。
七島いについてはこちらでもみておきますか?

 

さらに! 国東は・・・・

薬草の宝庫・・・なんだそうで。

賀来飛霞(かくひか)という江戸時代の本草学者は豊後高田の出で、
国東の薬草の研究をした人だそうです。

幸運なことに、昔のままが残っている国東は
この江戸時代の研究書に出ている薬草がまだまだ残っているんだそうです。

薬草風呂・・・・もいいし、よもぎ蒸しみたいな薬草蒸し・・・これはかなりいいかも。


NPO法人おくすり研究会の方から教えていただきました。

こちらも国東の方。

ね、すごいでしょ?

これでおもしろいからといって、たくさんの観光客が来たら
それが幸せかどうかというのは難しいところです。

芯は地元の人が地元を好きになって誇りをもって
地元を愛せることですよね。

ま、難しい話はおいといて、

大分空港からすぐの国東半島・・・目が離せないです♪ 



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

ツイッター

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM