20年たっても通う店「きじ」のお好み焼き

  • 2011.08.08 Monday
  • 23:38


関西へ帰る(?)たびにどうしてもよりたくなる
阪急高架下のお好み焼きやさん「きじ」

新入社員のころに連れていったもらったので、もう
20年たっています。

迷路のような高架下のお店の狭い入り口から
2階に上がったところにあって、カウンター5〜6席、
テーブル席4つという本当に小さなお店で
いつでもいつでも混んでいます。

前回は安藤忠雄さんの建築物の取材にきて、
きじにだけは!!ということで、1人でお昼の寄って食べて帰りました。

今回は息子と。

カウンターに座り、おっちゃんに
「ここ、おいしいって評判なんですよね」
とわけのわからない会話を始める息子。

でも、相手は関西人だから、
「にいちゃん、それはどうかわからへんよ。」
などと当意即妙に返してくれるから安心。



頼んだのは、モダンと、牛すじねぎ焼き。
牛すじって、関東ではあまり食べないですよね。

このネギ焼きもお店によって味が違っていて、
あちこち特徴があります。

お店のおっちゃんもいってたけど、
お好み焼きって、〇〇産の〇〇を使っているからとか、
外がかりっかり、中がふわふわ。とかそういうステレオタイプのグルメじゃなくて、

この味!
これだよ!

っていう食べる人それぞれの味があるんだと思う。
(それぐらい、普通にあっちこっちにあるからね。お好み焼きやさんが)



関西人のおっちゃんと楽しく会話をしながら、お好み焼きを食べる
息子を見ているとなんだか不思議な気持ちになります。

場所は新入社員時代と一緒なのに、私はお母さんで息子と来ている。
当たりまえのことなんだけどね。

ちっちゃくて古いお店だけど、

他の駅かと確かめなおすぐらいきれいに巨大に
変わっちゃった大阪駅だけど、

奇跡的に残っていてくれているこのお店に感謝。

また戻ってくるからね。

それまで、頼むよ。きじのおっちゃん。
 
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

ツイッター

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM