死を考える講演会で生き方を学んだ

  • 2012.09.21 Friday
  • 23:38
 

お世話になっているまーく先生の講演会でした。



まーく先生のブログ さん・だんじめSand&Gemより



今年の4月に脳腫瘍が見つかり、
手術をし、今も腫瘍と闘いながらの講演会です。


 

講演会のことは、いろいろな方が書いてくださっているので、
それをよかったら・・・・。

こちら
こちら 

 

お忙しいお医者様たちが、自分の仕事を片付けに片付けて駆けつけている姿にも
感動しました。

診療でお疲れにも関わらず立ったまま、先生を見つめていたS先生。
間に合わないかもしれないのにダメ元でかけつけたS先生(同じイニシャルだった)・・・・。


そして、腫瘍発覚からずっとまーく先生の後ろでどーーんと構えながらも
細かく気配りをされているこうめい先生。

お医者様だけでなく、各界でご活躍中の方が次から次へと・・・。
あ、見たことあるって人ばかりでした。

 

予想以上にお客さんがやってきて、椅子を新たにどんどん追加しても
立ち見がでるぐらいの人が集まりました。

私のような暇な人はあまりいない、超多忙で飛び回っている方々が集まっているんです。

 

 

なぜこんなに集まったのか??

簡単に言えばまーく先生の人徳なんだと思います。

人徳とは?
いくつかポイントがあるとおもっています。

僭越ながら「私にとって」重要な3つを以下に・・・・。



 
人徳1
つきあいにわけへだてがない。
社会的地位や上下関係にあまりとらわれず、その人自身を評価して受け入れて
付き合ってくださいます。



人徳2
めちゃくちゃお忙しいのにさっと行動。
どんなメールでもすぐに返事をくださるし、
後で考えれば、くだらなかったなと思う内容でも真摯に答えてくださる。
日程調整や面倒なこともすぐになさるし、アンケート類の返事も必ず期限内。


人徳3

つねに学ぼうとなさっている。

自分はこれでいいんだって思っていらっしゃらない。あれほどの人なのに。



 

この3つってものすごく簡単なことのようでなかなかできないんです。

もちろんまーく先生はこのことを「すごいこと」なんて思わずに
ごく自然になさっているんです。



 


まーく先生の講演会のスライドから・・・・。



いつかのまーく先生のブログにありました。

「今日できることは今日やる」

ご両親からも言われていたそうです。

ついつい、「明日でもいいか」ってなりがち。

でも結局、こういう細かいことの積み重ねが、
「人徳」ってことなのではないか?


今日の講演会、案内文はこうでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

55歳、医師、ミュージシャン、ブロガー...
marc の講演会です。

生来健康で超元気。毎日を全速力で走っていた(はず)だった僕は、
ある日突然脳腫瘍(神経膠芽腫)と診断され、
自分の死と直面することになりました。

近い将来の不可避な運命として、自分の死が迫ってきているとしたら、
あなたはどうしますか?どんなことを考え、
何をするでしょう?

僕が今何を感じ、どんなことを考えているかを、
できる限り自分の言葉で皆さんに伝えことが出来れば、と考えてい
ます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




あとからあとから駆け付けるお客さんを見ながら

生き方について考えさせられた講演会でした。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

ツイッター

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM