齋藤友紀 フルートの夕べ

  • 2014.10.13 Monday
  • 23:25
JUGEMテーマ:演奏会


こんにちは。フリーアナウンサーの香月よう子です。

台風襲来前の大雨の中、キャピタル東急ホテルへ。

父が懇意にしているフルート奏者 齋藤友紀さんの演奏会にお呼ばれでした。


 
いつものお花屋さんはちょっと遠くてこの雨の中難しい・・・・。
なので、もうひとつ私が大好きな駅前のお花屋さんにお願いしました。
(余談ですが、いつものお花屋さんは、最近男の子が生まれたママが
やっているおしゃれなお花屋さんなのですが、こちらの駅前のお花屋さんは、
「え?お花?」っていうおじさまがやっていらっしゃるのです。
なのに・・・といっては失礼なのですがものすごくセンスのいい花束を作って
くれます。)



それがこれ↑  雨がすごかったからお店の方が駅構内まで
運んでくれました。
会場は8テーブルほどあり、父と私は、ピアノのすぐ近くの
女性ばかりのお席でした。

まずはお食事。


シャルドネがものすごくおいしくて、この時点で飲みすぎ・・・。



↑スプーンの背でたたくと中からフルーツとジェラートが。
この「箱」はチョコレートでした。

お食事がすむといよいよ齋藤友紀さん登場。
薄いラヴェンダーのドレスがとても似合います。

グノーのアヴェマリアから始まり、ドニゼッティのソナタがステキ。
フルートってやさしいだけではなく、力強いのね。って思える演奏でした。

指がどうなってるの?っていう難曲もありで、感動的でした。

更に、伴奏のピアニストさん。この方もとてもステキな方でした。
垣内敦さんというお名前で、父が言うにはよく齋藤さんの伴奏をなさっていらっしゃる
ということでした。

↑すごい難曲・・・・。


スタインウェイの音色もすばらしく。
譜めくりも全部ご自身でなさりながら、そのタイミングが絶妙で
そんな小さいところにもちょっとした感動がありました☆

あとでわかったのですが、同じテーブルの女性たちは、
齋藤さんのファンでもあるのですが、垣内さんの追っかけでもあるそうです。
なるほど。よくわかります。抜け駆けしたら怒られそうな感じでした。

「雨の中、本当にありがとうございます。」
と何度もおっしゃっていた齋藤さん。演奏に入る前の集中する姿とは裏腹に
MCは周囲に気を配り、笑顔いっぱいで魅力的な方だなあと思いました。

終演後も、雨はそうひどくならず、暖かい気持ちで家路につくことができました。

お食事も演奏も伴奏もすべて大満足の夜でした☆

 
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

ツイッター

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM