マウリッツハイス美術館展〜東京都美術館

  • 2012.09.12 Wednesday
  • 23:28
 

マウリッツハイス美術館展へ。

お盆の時に行ってものすごく混んでて断念したところ。

今回は40分待ちでした。

 

やっぱり、耳飾りの女はすごいねえ。

 

若いころはこの時代のオランダの絵はあまり好きではありませんでした。

ルーベンスとかベラスケスとか。

 

私が好きなのはミロ、パウルクレー、ピカソ、カンディンスキー



パウルクレーはタイトルも詩的・・・・。

パウルクレーは吉行淳之介が大好きで、
絵のタイトルと同名の小説をたくさん書いているのです。

 

なんとかいけるのはゴーギャン。
これは、サマセットモームを読んだからかな・・・??

 

で、いつからか、フェルメールっていうのが有名になってきて、

福岡伸一さんのフェルメールの講演を聞いて相当興味が出てきて、

 

で、見てみるとルーベンスやベラスケスもいい感じ。

 

 

そんなわけで、耳飾りの少女までたどりつくのも+40分でしたが、

とても楽しい展覧会でした。

会場を出ると、オランダ絵画のシャワーをこれでもかって浴びすぎて
息子と二人疲労困憊だったけどね。




 

たとえば、今勢いのある音楽のアーティストって作品を聞いても勢いがありますが、

フェルメールの作品を見ると勢いを感じます。
見る方がそう思うのか、多分そうだと思うけど。

これって不思議・・・・。


だって、フェルメールはずーーっと前に作品を作っていて、
日本であまり有名じゃないころにもその作品はあったはずなのに。

 

 

 

父と母は実際にマウリッツハイス美術館で見たそうです。

今は改装中らしいけど、いつかは本場でみたいですね。

 

 

大阪〜心を洗濯

  • 2012.07.17 Tuesday
  • 23:35
 昨年末に行って以来の大阪。
夫の実家の法事を1泊延長して遊んできました〜。

心の洗濯。
というのは、私が新入社員時代をすごした町だからです。

飛ぶ鳥を落とす勢いの西武セゾングループに半分親のコネで入社し
(別に決まっているところがあったのに親に反対されて、強引に入れられた)
大阪に勤務が決まると、
親の知り合いが次から次へと見に来るというとんでもない事態が起こり
今思えば、上司の方々にはとても迷惑だったと思います。
(まあ、親世代の人ですから普通に上層部です。現場の上司にはかなり
迷惑な話です。はい)

でも親になってみると、それもわからないでもないなと。

まあ、年取るってのはそんなものです。

若い頃はまったく気にしなかった。どっちも。
偉い人がきたとか、現場の上司が迷惑してるとか・・・・。
そういえば、外商の男のセンパイに「紹介してくれ」っていわれたけど
なんのことかわからなかったからね。

ま、そんなもんです。

で、適度に楽しく大阪時代をすごしました。
バブルでしたから。
毎日、キタかミナミで遊び、終電を逃し、もう1件か2件いって、
(終電直後のタクシーなんて、バブル時代は一切つかまりませんよ)
友達のうちにとまり、朝出勤ってパターンです。

そんなことを1年ちょっと続けて、さっとやめて、でも大阪去りがたく
3年いました・・・・・・。




川がいいのよね。
「大阪の川は・・・・♪」・・・・・・・・・・・・・・「海は!」や!!



なんだか中途半端に上から目線。

でもって、↑そんな生活だったから、社員時代にすんでいた高槻の寮が
正確に思い出せず。
よほど帰っていなかったんだなと。
まあ、若かったし・・・・・・。



社員寮を出てからは、枚方側の高槻に住んでいました。
171号線は「いないち」と呼ばれています。
高槻もだいぶかわりました。

プロだなと思ったお寿司やさんもどこにあったかわからなくなり、
台風の日休んでいたミスドはなか卯に変わっていたし、
ミッシングをお店のお兄さんに歌ってもらったカフェバー(!)は
チェーン店に変わってたし、

変わってない!!って驚いたのはここ。



からふね屋コーヒー店。
高槻のお友達とよく行きました。

そして、入らなかったけど、贔屓屋。変わってない。入りたい。


今や高槻のお友達とも疎遠・・・・・。

一番仲良かった同期は長崎に帰ったし。

そりゃそうだよね。

でも、ほんのつかのま、自分が若かりし頃に戻れるのって
ステキです。

大阪は、そうやって私を初心に戻してくれる場所なんです。

ありがとう大阪。

めっちゃ好きやで大阪。

また戻ってくるわ。も少し、大きくなってな。


スタートダッシュな月曜日

  • 2012.06.25 Monday
  • 23:59

 「ママ。大変、こんな時間だよ!!」

私「何言ってるの。今日は日曜日じゃん!!」

息子「あ、そーか・・・・・・(も一度寝てからはねおきて、)違う違う月曜日だよ!!」

というコントのような朝の始まりでした。

息子を送り出し、夫のお弁当作って、洗濯して干して、
夜の仕込をして、メール打って、今日の資料出して

息つく間もない朝で、はからずも「スタートダッシュな月曜日」でした。

午前  復興支援プロジェクトの打ち合わせ 来週岩手へ行きます☆☆
午後  次世代育成審議会 地元の新渡戸文化短期大学教授の汐見先生が
座長。とてもとてもステキな女性です。知的でやさしくて、尊敬する方に失礼なんですが
かわいいのです。

合間に、息子の明日の図工の道具と、足りないクーピーを買い(12色の箱に3本しか
入ってなかった・・・)早稲田大学へ。

増山ゼミの見学です。

なかの生涯学習大学の受講生(いわゆる高齢者といわれるかたがたです。)
とゼミ生(大学3年4年)が同じテーマで話し合う・・・すごいです。
前回学生が出してきたテーマは「イクメン」!!
これを見たかった!!多分目を白黒しながらこのテーマについて
話すおじいちゃまたちがたくさんいらしたんだろうな・・・・・。
すごくすごくすごくいいことだと思いました。

途中で失礼して、
都の会議へ。
教育コーディネーター育成の教材作り。
長年やらなきゃ、って思ってたものに着手できてうれしいのですが、
思った以上にいい意味でコアになっていって、もうすでに私の頭では
無理なところにいっていました。

コーディネーター組織がこうやって役割分担できるものになってきた
ということ。
そして、そのためには、きちんと「共通言語」を定めておかないといけないって
こと。
それができるのが、今日の会議出席メンバーたち!かっこいい!!

その後、久しぶりの方と、新しいお仕事についての打ち合わせ。
この方には、いつもいつも知的好奇心を喚起させられます。
私のメンターの一人だと思っています。
デスクの上の整理の仕方、読んでいる本、発言、発想、
交渉能力、どれをとっても超一流です。

そして、最後の打ち合わせは、木曜日のミーティングについて。
もう私のキャパの狭い脳みそは1ミリも動かないぐらいでしたが、
幸い相手の方たちがいいアイディアを出してくださって、ばっちり!!
都庁を出たら、すでに23時でした。

こうやって一日のことを書くと、忙しく見える私は
ちっとも忙しくなくて私ではなく、相手のおかげで
物事が進んでいるんだな。と、改めて思います。

今日お会いしたすべての皆様に感謝して・・・・・・☆☆☆

さやえんどうの緑でテンションが上がる!

  • 2012.05.30 Wednesday
  • 12:49
 おばの畑で採れたさやえんどう。

ゆでたら、見る見る緑が濃くなって、あまりにもきれい。
朝からテンションあがりました。




小さいころはさやえんどうキライだったけど・・・・・。
今は、口に入れたときの青臭さもふくめて、この緑にいやされます。



昔、カラー講座をやったことがあります。

講師が色んな折り紙を示して、
「好きな色を選んでください!」というので、
講座運営側の私も選んでいたら、

「ここから選ぶのですか?」

と困った顔の受講生。

後で聞くとその方は
「自分は自然にある色はすべて大好きだけど、
このような人工の色からは好きな色が選べない」のだとか。
相当、偏屈(笑)ではありますが、(ご本人の奥様もカラーコーディネーターで
あとで、そのお話しを奥様にしたら、「あなたのような受講生は迷惑!!」といわれたそうです。)

そのあと、自然の色にとても感心が行くようになりました。

木々の緑濃くなる今のシーズン。
雨に打たれたあと、ひときわ輝く姿もステキですね。


寝室にやってくる兵隊さんの行進

  • 2012.04.24 Tuesday
  • 23:03
 小学校1年生の給食も始まったようですね。

今の給食はとてもおいしいから、3年生になったうちの息子も大好きですし、

私も時々学校でいただく給食はとても楽しいです。

でも、私が小学校1年生のときは、あまり食べられませんでした。

1年生の1学期、私は、給食のメニューを黒板に書く係でした。

忘れられないのが、
中華風うまに・・・・ウマを煮込んでいるとおもったのです・・・・。

それと、今では使われない言葉で、インド風のカツという意味のメニュー。
ま、つまりカレー味だったのですが、私は、その「インド風」と意味で使われている
はずのことばを勘違いして、とんでもない想像をしていました。

実際、カレー味のカレーもちょっと薄くて、何の肉か分からない感じなので
余計、とんでもない想像をかきたてるものでした。

今日の夜、子供が布団に入ってから
「変な音がする」
といってきました。

子供だけが聞こえる音かな?と思ったら、
「枕から聞こえる・・・」と。

「ここに寝てみて・・・」

と枕に耳をつけてみて、わかりました。
息子の枕は、片側だけそば殻なのです。

いつもはそば殻ではないふわふわな側を使っているのですが、
なぜか今晩はそば殻側。

耳をつけると、頭のどこかの脈の音がそば殻に響いて(?)

ざっざっざっざっ

と聞こえるのです。

その音を聞いて小さいころを思い出しました。

なぜか眠れなくなって布団に入っている夜。

枕から聞こえてくる音。

ざっざっざっざっ


怖かったわ〜私だけじゃないんだ。息子にも聞こえるのね。
この音の話は誰にもしたことがなかったし、
忘れていました。



「大丈夫よ。反対側使ったら聞こえないから・・・」

反対側にすると

「ほんとだ。聞こえない♪」と息子にっこり。

「ママも昔聞こえたのよ。子供のころは怖くて・・・・。『兵隊が行進して来た!』と思ったんだから」

隊列を作った兵隊が靴音高らかに行進している音・・・・・。


てか、今思えば、どんなとんでもない想像なんだ????

あまりのとっぴな発想に、息子すら

「え?兵隊??」といって、苦笑いしてました。

そば殻まくら、持っている方、
よかったら聞いてみてください。

今晩、兵隊がやってきますよ。

早足か、ゆっくりかは・・・・・・アナタ次第・・・・・・!!!

西高伝説通り抜けおばさんと、れれれのおじさん

  • 2012.04.10 Tuesday
  • 09:28
 ずいぶん前にこのブログで書いた「通り抜けおばさん」

私の出身校 東京都立西高等学校で代々ひきつがれていた伝説で
学校西門から正門に向けて通り抜けるおばさんがいる!!
ということでした。

高校卒業してだいぶたった私はあるとき、高校の最寄駅で降りて
あまりの懐かしさに、西門から入り、正門に抜けながら
「あ!!通り抜けおばさんってひとりじゃなくて、何人もいるんだ。
そして、とうとう私も『通り抜けおばさん』になったんだ」
と気づいたという話でした。

くわしくは 当時のブログをご覧下さい ・・・・ こちら


さて、さて、

新学期となり、フレッシュな子供たちが通う通学路。
初日は、用事もあったので、息子と一緒に学校の正門まで行ったのですが、
1年生の登校風景をビデオカメラをまわしながら追いかけるお父さんまでいて
もう、


フレッシュすぎますやん!!!!


この気持ちをいただきたく、今朝も家の前を掃除していました。
春風そよそよ葉っぱの散らかりも激しく、一生懸命お掃除しながら、

いろいろな子供たちとあいさつ。

あ、あの子1年生になったんだ!!
今までは反対方向の保育園にお母さんと通っていた子が、
新しいランドセルに交通安全のカバーをかけて(1年生の目印です。)
歩いていたり、

クラス替えで息子とクラスが変わってしまった息子の同級生が
ちょっと恥ずかしそうにあいさつ。

6年生となった3人兄弟の次男坊が、大人っぽくあいさつ。

気持ちいい〜〜


フレッシュですやん!!!

そんなわけで、毎日、家の前をこの時間掃除しようかな?

と思い立ちました。

朝のあいさつは気持ちいいし、家の前のおそうじで
きれいになって、運気もアップ!!
いいなあ・・・・・。


でも・・・ふと・・・・


子供たちからは

あのおばさん、毎日ほうきもってる・・・・って思われるな・・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

というところで気づきました。


私!!


れれれのおじさん  だったんだ!!!


たしかに、

顔見知りの大人にあったら、

お出かけですか?

とは聞かないまでも、何かしら話しかけたりしていた・・・・・。




なるほど、
通り抜けおばさんも
れれれのおじさんも

長く語り継がれるには、1人ではなく、たくさんの該当者が必要なのかも?


そういえば・・・・猿丸太夫は1人ではない・・・って説も

「いやげもの」にならないおみやげ

  • 2012.04.05 Thursday
  • 23:24

全国をかけまわっているNPOスクール・アドバイス・ネットワークの
生重幸恵さんからいただきました。




島根のパワーストーン。ハート型です。

「まがたまもあったけど、それよりいいでしょ?」

いや、もちろん、まがたまでもありがたいですが、
ハートはテンション更にアップ!!
うれしいです☆

さっそく、玄関のクリスタルに追加。かわいい☆


そして、




五所川原のおみやげです。
奥は、中が甘さ控えめさくさくリンゴのバウムクーヘン。
おいしい!!

そして、手前ふたつは、
新型新幹線はやてのはやっぺい。(はやて型うんぺい)
チョコうんぺい。(お菓子です。)
※うんぺいというのは、青森の郷土料理でもあるらしく、
粉と砂糖をまぜて作るお菓子。きれいな色をつけたり
渦巻き模様にしたりするようです。



おみやげって本当にセンスが必要ですよね。

大学時代に合宿のおみやげで同級生が十手とお札の手ぬぐいを買ってました・・・・
何に使ったんだろう??

少年野球の合宿に引率した知人が、メンバーの男の子(当時小2)に
「ねえ、お母さんへのおみやげ、どれがいいと思う?」
と相談され、泣きそうになったらしいです。
「意外とラブリーなもの選ぶのよねえ」とのこと。

私は、出張に出ると「ガチャピン」と一部で呼ばれる知り合いに、
ご当地ガチャピンを買います。

でもやっぱりおみやげって難しい。
小さいものでも結構出費はかさむし、買う時間もかかるし、

結局、ご当地じゃがりことか、そんなものでお茶をにごしてしまいます。





卒園式のピアノ伴奏

  • 2012.03.17 Saturday
  • 23:40

卒園式です。



小さな保育園で、いつもいつも外で遊んでいます。
週に2回遠足に行きます。

子供の気持ちによりそって「遊びきる」「やりきる」ということを重視します。

息子はとうに卒園していますが、今年は私は卒園式の間のすべての
ピアノを弾きます。

卒園児入場 はじめの一歩
卒園証書授与 (BGM)森は生きている、大きい木、COSMOS
保育士より   (BGM)私の子どもたちへ
               おもい風に乗せて(卒園児担当の保育士さんのリクエスト)
送る歌     すすめ山賊
学童修了証書授与 COSMOS ビリーブ
学童歌     旅立ちの日に
花束贈呈   思い出のアルバム
全員合唱   大きい木
退場      私の子どもたちへ

祝電の間なども全部BGMで弾いていたので、式の間はほぼピアノでした。

小さな赤ちゃんだった子供たちが、立派に卒園していく姿は
毎年涙涙でどうすることもできないのですが・・・・・・


今年は、

弾くことにいっぱいいっぱいで


泣きませんでした!!!!


今回は、COSMOSを新しく練習して入れました。
小学校の先生にいただいた楽譜が伴奏譜ではなく
合唱譜だったので、実際の合唱を聞きながらコードを書き入れて行き、
練習。

転調あり、フクザツなコード進行ありで、どうしよう?
という感じでしたが、何とかクリア。

この曲大好きだから、なんだかとってもうれしかったです。

こんな機会を与えてくれて本当にありがとうございます。って感じです。




また機会があったらやりたいな♪

香水作り体験

  • 2012.02.18 Saturday
  • 23:30
 

大分まなびフェスタのシンポジウムに出演後、
会場全部を使っている展示や、体験コーナーをのぞいたり、
出展者の方とお話しをしたりしていたところ・・・・


なんと、香水作りコーナーが!!

大分には

香りの博物館があるんです。





さて、香水作り体験は・・・・・。



すごいでしょ!結構かっこいいプリパレーション♪



教えてくださる方は、博物館の専門家。
きれいなお姉さん、そして上品なおじ様です。
大手企業の研究所にいらしたというこのおじさま、
すごい香りの専門家でした。何でも分かる人です。


香水の作り方は

ミドルノート(途中で香る香り)トップノート(最初に立ち上る香り)
そして、ラストノート(最後に残る香り)の順番で考えるそうです。

自分なりのレシピを作って15ミリの香水を作る体験です。

最初に10ミリ作り、そのあと5ミリ増やす。

その5ミリの配合で全く香りも変わるのです。


 



私は最初は、かなり濃厚な香りを選んでいました。

で、先生に、「もう少し若々しい香りがいいのですが・・・」と聞くと、

では、こちらの軽い香りをミドルとトップに入れてみては?
とアドバイスをいただきました。



先生によると、香りにも流行があり、
2000年ぐらいからフルーティな香りが好まれるようになってきたそうです。

ただ、それからさらに10年以上たっているので、
少しずつまた好みが変わってくるとのこと。


さらに、五感に一番残るのが香りで、お母さんの匂い、うちの匂いなどは
とても大事なんだそうです。

それが安心のもとになるんですって。

将来的に一歩踏み込んで親子関係なども香りのアプローチで考えていけるのではないか


と考えていらっしゃいました。また、勉強をがんばる香り(!)なんかも今、
研究が始まったばかりだそうですが、香りってまだまだ奥深いですね。




大分に行った際はぜひ、香りの博物館へ。

ネット配信番組の撮影♪

  • 2012.02.01 Wednesday
  • 23:19
 撮影♪



グリーンバックで、どんなセットになるのか、本当に楽しみです♪



ディレクターさん、真剣にモニターチェック♪かっこいいでしゅ♪


このお仕事はみなさんとってもてきぱきされていています。
(私は初めてですが、どうやら、いつも一緒にやっているチームのようです♪)

演出上こういうものが必要なのでは?という提案があったら、
すぐに買いにいって、「まさにこういうものが欲しかったのです!」という小道具を
ささっと作ったり、
撮影手順も、「あ、もう一度、テーブルを出して、この部分を撮りましょう・・・」
というような、もたもた感がまったくなく、
本当にやりやすくさせていただきました。

現場の空気もなごやか♪




公開が楽しみです♪♪♪

撮影終了後、すぐに、このお仕事に誘ってくださったYさんからメール。
なんか感激でした。
すごくすごくすごくお忙しいのに、気配りがすごい!!


私も見習わなければならないところがたくさんあります。
がんばらないと・・・・ですね。


公開解禁になったら・・・お知らせします♪

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

ツイッター

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM